So-net無料ブログ作成
検索選択

永見隆幸 meets ふじたあさや [メリー情報]


以前、池袋の芸術劇場で上演されたフォーク・オペラ『照手と小栗』に出演した永見隆幸が、その台本作家で演出も手掛けた「ふじたあさや」に再会。


Tak.AsayaF..JPG
永見先生(左)ふじたあさやさん(右)


【ふじたあさや(藤田朝也)略歴】
 劇作家、演出家。 1934年、東京生れ。早稲田大学演劇科在学中に、戯曲『富士山麓』(福田善之合作)でデビュー。1965年より劇団三十人会で劇作、演出を行う。
 1973年からフリー。前進座、文化座、青年劇場などに戯曲を提供する。
「劇団えるむ」、音楽劇団「歌座」、総合劇集団「俳優館」で脚本、演出を担当。
 1992年、「しのだづま考」で文化庁芸術祭賞受賞。
『さんしょう大夫』(斎田賞受賞)フォーク・オペラ『照手と小栗』など作品多数。
 日本演出家協会元理事長、日本劇団協議会常務理事、日本芸能実演家団体協議会理事、日本劇作家協会理事、日本演劇協会理事、日本児童青少年演劇劇団協同組合理事、昭和音楽大学元特任教授、アシテジ日本センター理事。
 著書に、『をぐり考・照手と小栗~説経節「小栗判官」の世界』(紀伊國屋書店)ほか。